【工事記録】新築工事 A様邸

帯広 建て替え 新築
建て替えのご住宅となります。まずは解体工事から。
建物外周をしっかりと養生し、解体開始です。

帯広 杭工事 新築
杭工事(地盤改良)
パイル打込みの様子。地盤の強度にあわせて
必要な長さと本数のパイルを打込んで行きます。

帯広 基礎断熱 新築
基礎工事(布基礎打設)
基礎工事が始まり、枠材が組まれたあとはコンクリートの打設となります。
外周部の外側には75㎜、内側には50㎜の断熱材を打込み、
基礎からの熱の逃げをしっかりと防ぎます。
土間コンクリート下にも断熱材を敷込んでおり、
断熱材で基礎をすっぽりと覆うような断熱構造になっています。
これにより、床下も室内と同じ温室環境を作り出す事ができ、
土台が床下で腐ったりする事はありません。

十勝 新築 基礎断熱
十勝 新築 気密性能
土台敷き
いよいよ大工工事開始です。まずは土台敷き。
土台下には気密材を敷き、土台と基礎との間に隙間が無いように処理して行きます。
土台にヒバの集成材を使用します。
床下も室内空間となるため、薬剤を使用した防腐土台は使用せず、
腐れにくい樹種(ヒバ)の集成土台を使用しています。

十勝 新築 建て込み
足場がかかり、現場シートも掛けさせて頂きました。
現場に少しでも癒しがあれば。。。という想いで
動物シートも掛けてみました(笑)

十勝 新築 建て込み
建て込み
あっと言う間に小屋組までかかりました。
弊社では在来工法を採用しておりますが、高強度金物で組上げるオリジナル工法で、
在来工法と2バイ工法の両方の良い所を合体させた工法となっており、
耐震性、耐久性、耐火性などを向上させました。

十勝 新築 ビオシェル
付加断熱材施工
外周の壁には、軸間に充填するグラスウールの他、
更に外側に50㎜の押出ポリスチレンフォームを付加断熱します。
建物のUA値は0.26W/m2k
BELS☆☆☆☆☆レベルの性能値を確保しています。
外壁の一部には道産カラマツの羽目板を使用。
地域材を使って木の温もりをプラス。

十勝 新築 断熱材
内部では断熱材が隙間無く充填されています。

帯広 新築 天井気密
天井下地と気密施工
壁の断熱材を充填した後は、天井下地の施工となります。
ダウンライトを使用する箇所には、天井の気密が途切れないように、
合板で箱を造り、気密シートを先ばりしておきます。
気密性能をしっかり出す為には、防湿シートを
隙間無く貼る事が重要となります。

帯広 新築 ブローイング
下地が終わるとブローイングの吹き込みです。
隙間無く吹き、シートも綺麗に貼られています。

帯広 新築 気密処理
窓周りもシートを巻き込み、テーピングします。

帯広 新築 ビオシェル

ビオシェル 仕上げ
外壁施工
外壁が完成しました。外壁材に使用した塗り壁は、
道産ホタテの貝殻が使用されているホタテ漆喰。
貝殻を高温で焼成すると成分が高強度化され
耐久性、防火性、防カビ性の高い材料となります。
また、アクセントに張ったカラマツも道産材です。
ティーメイスらしい、シンプルでかわいらしい外観になりました。
足場が取れるのが楽しみです。

内部造作
対面キッチンの腰壁の造作です。
石膏ボードを張って仕上げていきます。
手前にはカウンターを付けます。
お皿などの仮置きとして使えるので便利です。

鉄骨階段
お家の真ん中に配置された鉄骨階段。
後ほど、大工さんに踏み板を付けてもらいます。
オープンなキッチン、リビングの天井高さが3.2mあり、
階段もオープンにすることでとても開放的な空間となりました。
大工さんの工事もほぼ終了し、これからクロス工事に入ります。

ティーメイス 内観
落ち着いた雰囲気の内装。
真ん中に設けたオープン階段が良いアクセントになっています。
見学会では、間取りがとても好評で特に女性に喜んで頂けました。

ティーメイス お引渡し
お引渡しをさせて頂きました。
社長よりご挨拶させて頂いています。
スタッフが少ないので、お引渡し後に設備の取扱い説明を
してくれる業者さんも参加してくれます。
「どんどん出来ていくマイホームに早く住めるのを心待ちにしていました」
「満足いく家づくりが出来ました」
とお施主様からも嬉しいお言葉を頂けました。
A様、ありがとうございます。
これからもどうぞよろしくお願い致します!

▸A様邸の施工例はこちら

 

2018-12-10 | Posted in Construction blog, 工事記録No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA