【帯広市 新築住宅】 気密測定

先日公開をさせていただいた御住宅で、
気密測定が行われました。

気密測定

弊社では第三者の方に気密測定を依頼しています。

この測定では、住宅全体の隙間を測ることができます。
気密性は、断熱性能と並んで、住宅性能を左右する大変重要な
ポイントの一つです。

どちらかというと住宅の性能を説明する上では
断熱材の種類や厚さなどがPRされがちですが、
実は断熱と同じぐらいしっかり考えなければいけないのが
気密性能なのです。

どんなに断熱材がたくさん入っていたとしても、
家が隙間だらけですと、その隙間から壁の中に湿気が入り込み、
その湿気により断熱性がいっきに落ちていきます。

換気についても、どんなに立派な換気扇を設置したとしても、
隙間だらけのお家ですと、計画的な換気が行われず、
空気の流れも計画通りにはいかなくなります。

日本よりも性能に厳しいとされる北欧の国々では、
相当隙間面積0.7㎝2/m以下を基準としていると
聞いたことがあります。

弊社の建物は平均値0.3〜0.4㎝2/mですが、
今回の御住宅は0.2㎝2/mという性能値が出ました。
(数値が小さい方が性能が良い)

この数値は、世界的にもトップレベルのドイツの
省エネ住宅と同じ性能値です。

今回も結果が良くて、よかったです。

気密測定の様子を動画でご紹介いたします!
是非ご覧ください!

ティーメイスYouTubeチャンネル

 

Honma

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA