鹿追町リノベーション

今日は比較的暖かい一日で、
朝現場に向かう道中の景色も、
空と山がとてもきれいでした。
鹿追に向かう時は大雪山が見えて、
新得に向かう時は日高山脈が見えて。。。
忙しい中でも移動時間がつかの間の癒しの時間
だったりもします。

さて、現在進行中のリノベーション工事ですが、
順調に進んでおります。

今日は屋根板金の葺き替えです。

屋根葺き替え

足場の上から既存屋根を撮影。
私の陰がくっきり(笑)

塗装もだいぶ傷んでおり、
すが漏れや雨漏りでお困りだったところを、
今回の屋根改修で解消します。

今回はカバールーフといって、
既存の屋根の上に、新しい屋根をかぶせる工法を採用。
リフォームではよく行う工法です。
一部カバーできない箇所もありましたので、
部分的に新規で葺いています。

屋根リフォーム
すが漏れの大きな原因は小屋裏換気不足にあります。
特に築年数が経っているご住宅では、
天井の断熱材の厚みが足りていない事が多く、
室内の熱が小屋裏に逃げていきます。
その熱が小屋裏に溜まり、結露を発生させます。
その結露がすが漏れとなるのです。

今回のリフォームでは、断熱材はもちろん
新築同等の量の断熱材を新規で入れて、
小屋裏への熱の侵入を防ぎます。
更に、屋根の軒の不部分と棟(屋根のてっぺん)に
通気用の開口を開けて、小屋裏の換気量を増やします。
これでこれからは天井に悪さをする事はなくなるでしょう。

屋根材荷揚げ

屋根材荷揚げの様子。

 

大工さんの工事も順調に進んでいます。

断熱材

気密シートも隙間がないようにしっかりとテープを
貼って行きます

気密テープ

床との取り合いにもテープを貼ります。
いつもお世話になっている大工さんに、
今回も施工をお願いしていますが、
気密の施工がいつも丁寧で、
今回も隙間なく貼られていました。

気密シート

桁まで断熱材と防湿シートをしっかりと入れて、
取り合いはテープ処理。
天井用の先貼りシートもきっちり施工されています。

来週はいよいよ大工工事も終盤にさしかかります。
いつも書きますが、本当に完成が楽しみです☆

最後に。。。

日高山脈大雪山

鹿追から新得の現場に向かう途中の景色。
日高山脈と大雪山を同時に見渡せるスポット発見。
思わずパノラマ撮影してしまいました。
(といってもパノラマ機能は初めて使いますが。笑)

 

2016-11-11 | Posted in Blog, honma blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA