豊かな暮らし

先日、本屋さんで目にした本。
見つけた瞬間、買おうと思った本。

十勝 豊かな暮らし

普段は色々吟味しながら本を選ぶけれど、
なぜかヒトメボレ。

「余分なものはない、だけど豊かな家」

創業当時から理想として持っている家づくりへの想いと
リンクしたのかな。

帯の注釈にある一文。

「穏やかな光、素材の手触り、窓からの緑、
小さくても快適に心地よく。
年月を重ねるほど
味わいが増す
小さな住まいの極意」

将来はこんな家に、私も住んでみたいな。

そんな素朴な家に惹かれながらも、
今朝ラジオから聞こえてきた「IOT」という言葉に
耳をダンボにしている自分がいます。

インターネットを利用して、身の回りの「モノ」を
動かしてしまう仕組みで、数年前から住宅業界でも
話題になっています。
ここに来て、世界が本格的に動き出そうとしているようで、
今朝のラジオでも取り上げられていました。

例えば、
朝、目が覚めた事をセンサーが察知し、
自動でカーテンが開き、
部屋の扉が開く。キッチンへ行くと、
コーヒーが入っていて、おはようと話しかけてくれる。

自然な暮らしを求めながらも、
最先端の快適な暮らしが目の前にある。

個人的には自然体で暮らしたいというのが
理想ではありますが、
高齢化社会や人手不足、多忙な子育て世代など、
これからの時代のことを考えると、
ITやAIなどの人の手以外の力が必ず必要になると思います。

便利で快適な住空間を追求するため、
私達も最先端の技術を常に
追い求めて行かなければいけませんね。

ただ、その一方で、機械的な豊かさとは違った心の豊かさを
大切にしたいとも思います。

少し長くなりましたが、
久しぶりに語ってみました(笑)

では、お仕事がんばります。

Homma

2018-01-09 | Posted in Blog, honma blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment