可能な限り自然素材を取り入れて、安全で安心な空間をつくります。
素材の良さを活かしながら、本物の良さと優しさにふれてほしいのです。

■外壁材 ほたて漆喰ビオシェル

ビオシェルは耐久性を高める外壁仕上げと、建物の気密・断熱性能を高める外張り断熱が同時にできる外壁工法です。断熱材の裏側には特殊な形状が施されており、排水機能が備わっています。万が一、外部から雨水が侵入しても構造体や室内側へ伝わらないよう絶縁する形状となっています。外壁材は、道産ホタテの貝殻が使用されているホタテ漆喰。貝殻を高温で焼成すると成分が高強度化され耐久性、防火性、防カビ性の高い材料となります。

 

A:構造用合板 9.5㎜
B:透湿防水シート
C:セルボード(A種ビーズ法ポリスチレンフォーム) 40㎜
E:ビオシェル下塗り材
F:耐アルカリ性ガラス繊維メッシュ
G:ビオシェル上塗り材
H:塗装下地調整材
I:エマルジョン系塗装

■床材 ナラ3層フローリング

無垢フローリングは傷やシミが付きやすくメンテナンスが大変というイメージがあるかもしれません。しかし調湿性に優れていたり、温かみがあり手触りが良いことからやすらぎを与えてくれたり、見た目がおしゃれなどのメリットもあります。ワックスがけは長持ちさせるためには年1~2回必要になり確かにお手入れは少し大変になるかもしれません。しかしちょっとした傷はいつの日かその家の「あじ」となり親しみすら感じるものになるかもしれません。もちろんメンテナンスで傷やシミも直すことが出来ます(度合いによります)。ナラフローリングは色んな樹種の中でも比較的固く耐久があります。木目がはっきりと美しく様々なインテリアに合います。また、3層積層材のため狂いが少ないのが特徴です。

■アクセントパネル、その他

お施主様のご要望や、ティーメイスからのご提案で木のアクセントパネルを張ったり、カウンターや手摺りなど手で触れる場所に無垢材を使ったり。既製品には出せない優しい木の雰囲気に癒されます。

 

 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA