新得町T様邸 基礎工事が始まりました。根掘り~配筋

新得町で建築中のT様邸は今週から基礎工事が始まりました。
まずは根掘りから。


基礎断熱工法を採用しているため、
総掘りとなります。


根掘り後、砂利を敷き込んで転圧します。


地面からの湿気を遮断するため防湿シートを敷きます。
その上に断熱材を敷き込んで、室内から熱が逃げないように、
そして、地中からの冷えが入らないようにします。


断熱材の上に鉄筋を組んでいきます。
この後、立上り部分となる布基礎の鉄筋を組み
土間コンの打設を行います。

弊社の基礎は、基礎断熱工法という工法を採用しています。
ベタ基礎といって、建物下全面にコンクリートを打ち込むので、
基礎の強度もアップします。
床下空間は、室内と同じ環境を維持しますので、
床下で土台が腐ってしまうことはありませんし、
水回りのリフォームなどは容易にできますので、
将来的な間取りの変更などに対して、
柔軟に対応出来るというのが 大きなメリットです。

2019-04-19 | Posted in Construction blog, 新得町 T様邸No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA