A様邸 エコウッドトリートメント

市内で建築中のご住宅は、
外壁の下地工事が進み、大工さんは
内部の造作工事に取りかかっています。

今日は外壁の一部で使用する道産カラマツ材に
エコウッドトリートメントを塗布しました。

エコウッドトリートメント

道産カラマツ 羽目板

なかなかおもしろい風景。
通りすがりの人たちが珍しそうに見て行きます(笑)

今回使用したのはこちらの塗料。
北欧生まれの塗料で、昔は木の船の甲板に塗られていた
塗料との事で、60年間メンテナンスをしなくても
木が腐らないという優れものです。

自然素材で、有害物質を一切出さず、
お子様が遊ぶ室内などでも安心して使える塗料です。

クリア(無色)の塗料を塗るのですが、
樹種によって色の出方が違って、
カラマツは塗りたてはグレーがかった色で、
時が経つにつれ濃い色に変色して行きます。

通常の塗料では味わえない、
木の経年変化を楽しむ事の出来る塗料です。

総輸入もとのブライトンさんのHPで
外観の雰囲気を感じて頂けると思います。
個人的にとても好きです☆
https://www.brigh-ton.co.jp/ecowood

Homma

2018-09-26 | Posted in Construction blog, 帯広市 A様邸No Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA