胆振東部地震

台風の事を書いた翌日の夜中、
まさかこんなことが起きるなんて
想像もしていませんでした。
災害は本当にいつ、どこで、どんな風に
起こるかなんて予測出来ません。
それが5分後かもしれないし、明日かもしれないし
10年後かもしれないし、起きないかもしれない。
本当にわからないです。
道内295万戸もの大規模停電がおき、
昨日中に道内ほとんどの世帯で電気が復旧したと聞き
尽力してくださった方々に感謝の気持ちでいっぱいになりました。
テレビをつけると、全道各地での被害がわかりました。
土砂崩れで家が倒壊したり、ご家族を亡くされた方々の姿をみると
本当に心が痛みます。なかには、リフォームしたばかりの家に
1週間住まないうちに地震で家が傾いてしまった
などというニュースもありました。

帯広では震度4。
地震がきて目が覚めた時、ちょっと大きかったなと思ったけど
まさか停電になってるなんて思ってもみませんでした。
しかし、道内最大規模の発電所が震度7を記録した厚真にあり
停止したと聞いて停電も納得。
ありがたくも我が家も1.5日ほどで電気が復旧。
しかし、たった1.5日でこんなにも不便で不安な生活を
強いられるなんて想像していませんでした。
6、7日は会社のパソコンももちろん動かなく
仕事が出来ないのでお休みを頂きました。
地震が起きた日の朝、近くのコンビニに行き、
パンと、カップ麺と飲み物を購入。
お昼位にツルハに行き、電池などを購入。
次第に携帯の電波がなくなりなんの情報も得られず
札内の実家に行きラジオを1個借りてきました。
夜は、暗くなる前にご飯を済ませたり寝る準備をして
ろうそくと携帯のライトなどで過ごしました。
その日の夜に帯広でも電気が復旧しているところがあると聞き、
我が家もくるかなと期待しましたが
そのまま朝を迎えまだ来ていないことにしょんぼり。
西帯の夫の実家が電気復旧したと聞き、
充電とお風呂を借りに出かけました。
少し休憩させてもらい帰宅。
やることもなくて庭の雑草とか抜いてました(^-^;)
2日目の夜もろうそくで過ごすのかなと思ってたら
18時位に復旧。電気のありがたみを実感しました。

今回、断水にならなかったのが本当にありがたく
断水になってしまった場合や、冬に起きたことを考えると
ぞっとしました。備えもろくにしておらず、いかに備えが大切か
しっかりと考えさせられた体験でした。
そして、今日十勝プラザで「防砂収納セミナー」があります。
なんというリアルタイムなセミナー。
しっかりと聞いて、学んで行動に移したいと思います。

oono

2018-09-08 | Posted in Blog, oono blogNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA